Atmosphere Tokyo 2016

Atmosphere Tokyo 2016

去る6月14、15日に六本木ヒルズにて企業や組織のリーダーを対象にした Google の基幹イベント「Google Atmosphere Tokyo 2016」が開催され、出席して参りました。テーマは「(働く)に、無限の可能性を」。
「Google Apps」を用いたスマートな働き方を提案してくれるイベントということで、テクノロジーによってスマートな働き方を実現されている多くの企業のプレゼンテーションを聴くことができ、非常に参考になりました。

グローバル Apps フィールド マーケティング ディレクター:モリーン ブラッドフォード

モリーン ブラッドフォード

まず最初に、Google Inc.グローバルAppsフィールドマーケティングディレクターの「モリーンブラッドフォード」から本日の基調講演に関する紹介がありました。その中で「柔よく剛を制す(The bamboo that bends is stronger than the oak that resists.)」という格言を用い、たとえば、一見竹よりも丈夫に見える樫の木ですが、風が吹けば曲がる竹の方が遥かに丈夫であるということに例え、何事も頑なにではなく、柔軟に変化を受け入れる方が得をするということを、テクノロジーの活用に紐づけて語られていました。私も同様に、人生は正義感だけではなく、知恵を持って柔軟に変化してゆく勇気が必要であると思います。我々の会社もそうであり続けなければいけないなと感じました。

数々のスピーカーの方々からの大変有意義なお話について、一部ご紹介したいと思います。

最初のスピーカーはフジテック株式会社 執行役員 情報システム部長の友岡 賢二 氏でした。
エレベーターやエスカレーターのパイオニアであるフジテック株式会社様では、自分たちが持っているツールと現場の課題を結びつけ、ソリューションとする為に以下のようなことを行っているそうです。

フジテック株式会社 基調講演より抜粋

フジテック株式会社 基調講演より抜粋

まず第一に、現場へ足を運んで行動観察し、自ら心で感じます。その後、自分の持っているツールと頭がリンクし、手が動きます。それを何度もスピーディーに動かすことでソリューションとしていくそうです。しかし、その為には社内の情報だけではなく、外部の情報に触れる必要があります。たとえば、Googleのユーザー会へ出席することで、そのヒントを得ることができるそうです。「Google Apps」は会社で働く全員を経営に参加させることができるツールであると語っておられました。また、Google Appsは大変セキュアなクラウドの仕組みによって支えられており、会社の大切なデータは世界中のGoogleが持つクラウドに分散されて保管されており、使用する際にそれらを呼び出してくるといったものだそうです。企業がオンプレミスのサーバーからGoogle Appsへと移行することで、非常に先進的なソリューションを手にすることができるのです。

ダイアン グリーン

ダイアン グリーン

Google Inc.シニア バイス プレジデント ダイアン グリーンはクラウドによる、デジタルトランスフォーメーション時代の到来について語られました。

デジタルトランスフォーメーションの時代へ

デジタルトランスフォーメーションの時代へ

以前のグループウェアというのは、社内でのみアクセスができるプラットフォームを用い、主に個人の生産性を高める為のものでした。しかしこれからのグループウェアは、セキュアなクラウド上でチームの生産性を高めるコラボレーションツールとなる必要があります。Googleは高度なセキュリティとイノベーション、そしてオートメーション化を推進するAI技術の展開により、企業の戦略にとって素晴らしいパートナーとなることを語られておられました。

次はGoogle Inc.エンジニアリング担当 バイスプレジデントのプラバッカー ラガバン氏のお話を紹介したいと思います。

プラバッカー ラガバン

プラバッカー ラガバン

今、デジタルトランスフォーメーションへとシフトしてゆく理由として、3つの要素があるとのことでした。
まずひとつめに「クラウド」、次に「リアルタイム」、そして「モバイル」です。
クラウドによって実現される、10億人以上のユーザーを抱えるGmailや様々なGoole Appsにより、別々の拠点からリアルタイムに共同作業が可能となり、それは20%以上のスピードアップを促しているそうです。また、10億台以上のスマートフォンの普及により、それらがGoogle Drive上のコンテンツにアクセスできることで、すべてを手のひらに収納できるという利点があります。

そのうえで、2つの新製品が発表されました。ひとつ目は新しい「Googleサイト」です。これによりHTMLの特殊な知識がなくとも、デバイスに合わせて自動的にサイトデザインを変更できるレスポンシブ機能に対応しました。二つ目は「Google Springboard」です。これにはGoogleの囲碁が人間に勝ったニュースでも話題になったGoogleのAIを組み込んだビジネス効率化のツールです。「Google Springboard」はすべてのGoogle Appsやその他、パートナーシップを結んだサードパーティーのアプリケーションの情報を自動的に収集し、検索して予測をしながら必要な情報をタイミングよく教えてくれるというものです。

個人的にはアーリーアダプタ向けのベータ版から使っている「Inbox」がこれにあたります。Gmailから「Inbox」へ乗り換えてから、出張の為のチケット予約、ホテルの予約からセミナーなどへの参加予約など、すべてにおいて「Inbox」からのアラートにより一元管理できるようになりました。これは常にアクティブであり続けようとしている、私個人の生産性向上に大きく貢献しています。

最後に Google Inc.チェンジ アンド トランスフォーメーション リーダーのキム ワイリー氏の登壇です。

キムワイリー

キムワイリー

最初に我々全員に起立してもらい、いつも行っている腕組みとそれとは腕を反対に組んだ腕組みをしてもらうことで、いかに人間が変化させられることに抵抗を覚え、居心地が悪いかをやってみせました。

変化への対応例

変化への対応例

人は変化を受け入れる際には、上図のような4つのパターンがあるそうです。先導役となる方をピックアップし、ヒーローにしてゆくことはもちろんのこと、批評家の方を怖がらないことが必要であるとのことです。批評家になってしまう方というのはそれだけ情熱が強いということなので、きちんとメリットを説明し、この方をうまく自分たちの方向に向けることができれば心強いサポーターになってくれるとのことです。

すべての従業員が変化を経験していく

すべての従業員が変化を経験していく

変化に対応するためには3つのレベル(頭、心、脚)で人と関わらなければならないということです。これは私も以前の仕事で学び、同様に心において行動しています。
まず一つ目の「頭」です。なぜ、これまでとは違うやり方をお願いしているのか、どうして新しいテクノロジーを取り入れて欲しいのか、そしてそれに伴ってどんなビジネス上の価値があるのか、これらが我々の組織が持っているビジョンとどう繋がっていくのか、合理的に説得する必要があります。

次に最も難しい感情面「心」です。最も簡単なやり方としては、何が個人としてメリットがあるのかです。人間はあくまでも自己中心的だと考えるべきです。そして個人をプロジェクトに巻き込むことです。プロジェクトへ巻き込むことで、このプロジェクトに成功してもらわないと困ると考えるようになってきます。
そして最後に「脚」です。どういう風にすればこのプロジェクトが成功できるのか、どういうスキルを学べば達成することができるのかということです。その為に特定のスキルを学んでもらうことが大変重要です。
こういった形で、変化を効果的にマネジメントできる企業は、競合他社より財務状況が良くなる可能性が3.5倍も高くなるそうです。変化のスピードはこれからもどんどん上がっていく一方です。チェンジマネジメントを加速することで、私たちは生き残っていかなければなりません。

これらを成功させる為には、以前の職場でも学びましたが、まず第一にリーダーが模範を示すこと、第二に従業員をプロジェクトに巻き込むこと、そして第三になぜその変化が起きているのかを伝え、それを理解させることです。何をどのように、そしてなぜです。

次に第四に組織の文化を熟知し、それに合った適切な人材を雇うこと、第五に新たな世界で成功する為に必要なスキルを提供し、スターになっていただくことです。これが脚になります。

そして最後に、スターを祝福すること。トッププレイヤーに報奨を与え、認めることです。新しい技術をふんだんに活用し、モダンでオープンな形で協業する人たちがいることで、長期的な成功に繋がるということです。

講演の最後にはアインシュタインの格言を話されていました。それは”問題が提起された時と同じような考え方ではどんな問題も解決できない”というもの。その意味として、今は何か新しいことを試す時であり、従業員の方々がよりモダンなスマートな働き方ができるように誘うべきだということでした。

これらの講演以外にも非常に有意義なお話が盛りだくさんでした。非常にラッキーなことに、これら2日間の基調講演の内容についてはYouTubeにて一般公開されております。ぜひ、みなさんもこれらをご覧いただければと思います。

Atmosphere TOKYO 2016 Day1

Atmosphere TOKYO 2016 Day2

関連記事

  • カスペルスキー・パートナーカンファレンス2016へ行ってきましたカスペルスキー・パートナーカンファレンス2016へ行ってきました カスペルスキーさんのパートナー企業を集めたカンファレンスへ出席してきました。 ”カスペルスキー”と聞いてもピンと来ない方が多いのではないかと思います。カスペルスキーは世界30ヵ国・200の地域で使用されているセキュリティソフトウェアです。世界中の独立評価機関(スポンサー関係がない評価機関)で毎年連続で圧倒的なNo.1の評価を受けています。 日本でも昨今は大手企業や年基金 […]
  • Microsoft Innovation DayMicrosoft Innovation Day Microsoftのイベントへ参加してきました
  • 術野収録に適したメディカル用 ポータブルレコーダーシステム「POVCAM」術野収録に適したメディカル用 ポータブルレコーダーシステム「POVCAM」 弊社でも術野記録用カメラとして以前より取扱いしておりますパナソニックのPOVCAMがリニューアルされました。 現在の医療映像記録に求められる高画質HD映像に加え、高精細4K映像収録と、PCやネットワークとの連携が可能なIP接続に対応したシステムとなっています。 […]
  • バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売 バルコは外科用58インチ4Kディスプレイ MDSC-8258の後継、58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を2018年5月に発売します。 MDSC-8358 は、 ハイブリッド手術室、インターベンション X 線と心臓血管の治療室で使用するために設計されています。MDSC-8358 は、正確な DICOM […]