下記図は、導入10年後までに想定されるシステム拡張による投資コスト分析です。

今後10年で医療分野でも4K映像機器が主流に…
10年後までの投資コスト

早期の光ファイバー&ネットワーク導入が将来の唐突な設備投資を抑えることに繋がります

※1手術室あたり:映像8種類(画面分割付)、モニター4台を想定
※10年間のシステム投資推移
※Barco社ホワイトペーパーより抜粋
※グラフの単位は資料作成時のポンド-円相場にて算出
※1手術室あたり:映像8種類(画面分割付)、モニター4台を想定

ネットワーク型映像システム導入により得られる効果

  1. 病院の品質・品格アップ戦略に貢献
  2. 手術室の生産性、人間工学、コミュニケーション、医用生体工学に基づく効率化への貢献
  3. スタッフの専門的もしくは個人的な満足感を向上させ、モチベーションを上げることへの貢献

ネットワーク型映像システムで手術室運用の効率化を支援します!