池上通信機株式会社は、手術室や外来における手術顕微鏡システムや術野システム向けに、4Kの高精細映像と色再現を徹底的に追求した高解像4Kカメラ「MKC-750UHD」を発売しました。

3CMOS方式を採用したことで、高精細映像、忠実な色再現など圧倒的な臨場感を生み出す4K(3840x2160)の迫力ある映像と、実際に目でとらえる色を忠実に再現した高色彩な映像を創り出す、最新の医療用4Kカメラです。(フルHD(1920x1080)の4倍)
画質は、水平解像度1600本、S/N58dBを実現しました。また、色再現性は、医療現場で求められる赤の色再現が優れているのも特長のひとつです。
運用面では、デジタル処理による画像の上下左右反転機能を装備。フットスイッチ(オプション)によるリモート制御が行えるため、医療現場に欠かせない操作性を確保。カメラヘッドもこれまでのHDカメラと同じ小型サイズ(W34 x H40 x D40mm)とし、従来のHDカメラと変わらないオペレーションを可能としながら高精細な映像表現を実現しています。

MKC-704KHD

MKC-704KHD

池上通信機 高解像4Kカメラ MKC-750UHD

製品の詳細・購入・施工については弊社担当営業までお問い合わせください。

関連記事

  • バルコが4Kサージカルディスプレイの新製品を発売バルコが4Kサージカルディスプレイの新製品を発売 バルコが4K対応の27型サージカルディスプレイ「MDSC-8427」を発売しました。 手術室でのリアルな色域を4Kで再現 内視鏡検査と手術室のために、専用設計されました。色域が広く、高度な色校正アルゴリズムにより、最も正確な色の再現が可能で、高画質で遅延のない手術画像を表示可能です。 優れた操作性 ※ご利用になられる場合は、ORTIS又はNEXXISの […]
  • 超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ カリーナシステムは、4K/59.94p、4K/29.97pの入力に対応し、リアルタイムにHEVC(H.265)に変換するエンコーダユニット「NEB-4K」を発売しました。
  • 手術を高精細に撮影する、医療施設向け4K術野カメラ手術を高精細に撮影する、医療施設向け4K術野カメラ ソニーが手術部位の視野(術野)を高精細に撮影する、医療施設向け4Kビデオカメラ『MCC-S40MD』を発売しました。
  • バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売 バルコは外科用58インチ4Kディスプレイ MDSC-8258の後継、58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を2018年5月に発売します。 MDSC-8358 は、 ハイブリッド手術室、インターベンション X 線と心臓血管の治療室で使用するために設計されています。MDSC-8358 は、正確な DICOM […]