バルコは外科用58インチ4Kディスプレイ MDSC-8258の後継、58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を2018年5月に発売します。
MDSC-8358 は、 ハイブリッド手術室、インターベンション X 線と心臓血管の治療室で使用するために設計されています。MDSC-8358 は、正確な DICOM 準拠のモノクロとカラー画像を超低遅延、一貫性のある色、低雑音で提供し、リアルタイムのクリティカル・イメージングに適した選択肢です。
DP、デュアル・リンク DVI およびシングル・リンク DVI インターフェースを装備し、ORTISの専用デコーダーも内蔵しておりますので、システム構築時にアダプターが不要となります。
また、ORTISに障害が生じた場合に、自動でバックアップビデオ信号に切り替わるフェイルオーバー機能や、補助電源(オプション)が使用できます。

MDSC 8258

MDSC 8258

バルコ 4K UHD スリムライン外科用ディスプレイ MDSC-8358

製品の詳細・購入・施工については弊社担当営業までお問い合わせください。

関連記事

  • Google「Atmosphere Tokyo 2016 Day1」レポートGoogle「Atmosphere Tokyo 2016 Day1」レポート 去る6月14、15日に六本木ヒルズにて企業や組織のリーダーを対象にした Google の基幹イベント「Google Atmosphere Tokyo 2016」が開催され、出席して参りました。テーマは「(働く)に、無限の可能性を」。 「Google […]
  • ソニーが独自の新ディスプレイ技術「CLEDIS」を発表ソニーが独自の新ディスプレイ技術「CLEDIS」を発表 ソニーより、微細なLED素子を光源とする独自の高画質ディスプレイ技術「CLEDIS」(クレディス)を用いた新方式のディスプレイユニットを発表しました。イメージは「広大なキャンバスに画を描くような映像表現」とのこと。 元々、ソニーが4年程前に「Crystal LED […]
  • Microsoft Innovation DayMicrosoft Innovation Day Microsoftのイベントへ参加してきました
  • 超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ カリーナシステムは、4K/59.94p、4K/29.97pの入力に対応し、リアルタイムにHEVC(H.265)に変換するエンコーダユニット「NEB-4K」を発売しました。