本来、80インチ程度のプロジェクターといえば2~3mほどの投射距離が必要となります。その為、スクリーンとプロジェクタの間には物を置いてしまうとスクリーンに影が生じてしまう為、狭い部屋では大型スクリーンへの投射は無理なことと考えられてきました。

LSPX-P1
解決策として、プロジェクターを天井へ吊るしてデッドスペースを確保する方法もありますが、工事には多額の費用が発生してしまいます。
ソニーのポータブル4K超単焦点プロジェクター「LSPX-P1」は、なんと28cmという極端に近い距離で80インチの投射が可能です。さらに、スマートフォンと連携することで、部屋の空いた空間に時計や天気予報、スマホの中の写真を映しておくことが可能とのこと。明るさやディテールは10万円クラスであれば十分な性能と言えます。
※現在、供給不足により、直販でも8月下旬の出荷だそうです。

▼リンク先:AV Watch
ディスプレイ革命? 超短焦点ソニー「LSPX-P1」の魅力(1)

製品の詳細・購入・施工については弊社担当営業までお問い合わせください。

関連記事

  • バルコが4Kサージカルディスプレイの新製品を発売バルコが4Kサージカルディスプレイの新製品を発売 バルコが4K対応の27型サージカルディスプレイ「MDSC-8427」を発売しました。 手術室でのリアルな色域を4Kで再現 内視鏡検査と手術室のために、専用設計されました。色域が広く、高度な色校正アルゴリズムにより、最も正確な色の再現が可能で、高画質で遅延のない手術画像を表示可能です。 優れた操作性 ※ご利用になられる場合は、ORTIS又はNEXXISの […]
  • 超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ カリーナシステムは、4K/59.94p、4K/29.97pの入力に対応し、リアルタイムにHEVC(H.265)に変換するエンコーダユニット「NEB-4K」を発売しました。
  • バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売 バルコは外科用58インチ4Kディスプレイ MDSC-8258の後継、58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を2018年5月に発売します。 MDSC-8358 は、 ハイブリッド手術室、インターベンション X 線と心臓血管の治療室で使用するために設計されています。MDSC-8358 は、正確な DICOM […]
  • SDDがOPELIOに新機能を追加SDDがOPELIOに新機能を追加 手術や検査の映像を、指先で簡単に録画・再生・編集。リアルタイムで、オンデマンド、院内に配信・共有。 指揮者のように操作出来る医用映像支援システム「OPELIO」に、この度、便利な新機能が追加されました。 […]