ソニーより、微細なLED素子を光源とする独自の高画質ディスプレイ技術「CLEDIS」(クレディス)を用いた新方式のディスプレイユニットを発表しました。イメージは「広大なキャンバスに画を描くような映像表現」とのこと。

CLEDIS技術を採用したディスプレイシステムのイメージ

CLEDIS技術を採用したディスプレイシステムのイメージ

元々、ソニーが4年程前に「Crystal LED Display」という技術を発表していましたが、それが商品化できる目途が立ったということですね。技術的には、RGB各色に分かれている微細なLED素子を自発光で画素別に駆動させるものです。
この技術でディスプレイを作ると、これまでの液晶・プラズマディスプレイと比較して、コントラストが高く広色域で、動画の応答速度も高速で滑らかになります。広視野角なのに低消費電力という、非常に期待が大きい技術です。
とはいえ、始めはコスト高になることもあり、まずは医療などの研究機関や博物館、管制室など精緻な映像表現が求められる用途や、工業デザイン、建築デザインなどリアルな映像でのシミュレーションが必要とされる用途に提案していくそうです。

▼記事へのリンク
極めて微細なLEDを用いた独自開発の高画質ディスプレイ技術CLEDIS™を採用
感動の高画質と大画面を実現するスケーラブルな新方式ディスプレイシステム発売

関連記事

  • バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売バルコが58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を発売 バルコは外科用58インチ4Kディスプレイ MDSC-8258の後継、58インチ4KUHDスリムライン MDSC-8358を2018年5月に発売します。 MDSC-8358 は、 ハイブリッド手術室、インターベンション X 線と心臓血管の治療室で使用するために設計されています。MDSC-8358 は、正確な DICOM […]
  • Google「Atmosphere Tokyo 2016 Day1」レポートGoogle「Atmosphere Tokyo 2016 Day1」レポート 去る6月14、15日に六本木ヒルズにて企業や組織のリーダーを対象にした Google の基幹イベント「Google Atmosphere Tokyo 2016」が開催され、出席して参りました。テーマは「(働く)に、無限の可能性を」。 「Google […]
  • Microsoft Innovation DayMicrosoft Innovation Day Microsoftのイベントへ参加してきました
  • 超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ カリーナシステムは、4K/59.94p、4K/29.97pの入力に対応し、リアルタイムにHEVC(H.265)に変換するエンコーダユニット「NEB-4K」を発売しました。