TEACのメディカルビデオレコーダー『UR-X』お取り扱いのご案内

TEACより発売されたメディカルビデオレコーダー「UR-X」のお取り扱いを開始しました。
動画も静止画も情報も、自在に記録・共有できます。
外科手術の動画記録やパネル操作など、医療現場に必要な機能を凝縮したティアック最新の医療用イメージレコーダー。

製品の特長

5インチ タッチパネルディスプレイ搭載


単に静止画をキャプチャする場合でも、長時間の手術を記録する場合でも、UR-Xはこれまでにない手術映像体験を提供します。大きくて明るいタッチスクリーンは、鮮明なFull HD映像を映し出し、入力映像および録画中の映像を確認できます。手術用手袋を着用したまま操作できる抵抗膜方式タッチスクリーンを採用し、より指先で操作しやすい設計になっています。UR-Xは、シンプルと機能性を両立した製品です。

Full HD 1080p 60fps


Full HD 1080p 60fpsによるリアルタイム動画&静止画記録を行います。
秒間60フレームをサポートし、H.264ハイプロファイルを搭載することで内視鏡や手術顕微鏡のような動きの大きな映像も容量を抑えて滑らかに記録・再生することができます。
また、記録された動画は、WindowsやMac標準の動画プレイヤーで再生が可能なH.264の圧縮方式、MTSファイル拡張子として保存されます。動画ファイルは分割されることなく、1ファイルで記録されるので、編集などの2次利用も簡単に行うことができます。また、USBデバイスには記録日やID,氏名などを記載したHTMLファイルを自動で生成、各フォルダには記録日時およびIDが記録されるためファイルの情報のみで必要な手術動画を見つけることができます。

1TB内蔵ハードディスクを搭載


1TBの内蔵ハードディスクを搭載し、より多くの手術映像を内蔵ハードディスク内にバックアップすることができます。どんなに記録をし続けても古いデータから自動的に消去し、常に一定量を記録時間確保します。

同時録画可能な2つのUSB3.0ポート


UR-Xでは、USB3.0を採用。これによりUSBメディアへの書き込みがより素早くできるようになります。またUSBメディアへの記録を忘れた場合でも、短時間で内蔵ハードディスクから手術映像をコピーすることができます。
転送速度は理論値で、USB2.0が最大480Mbpsなのに対し、USB3.0は最大5Gbpsとなります。

多彩な同時記録機能


記録した動画・静止画はUSB3.0に対応したハードディスク2台とネットワークに同時に記録、送信することができます。また動画と静止画を別々の場所に保存することも可能です。内蔵HDDへの記録はもちろん、外部メディアへの記録もより多彩になりました。

動画はもちろん毎秒2枚の⾼速静⽌画撮影が可能です。動画記録中に撮影した場合は外部モニタ上にサムネイルを表⽰することもできます。

ダイレクトID入力機能


バーコードリーダーなどで患者さんのIDを読み込むことですぐに指定の患者さんの録画待機状態に移行します。入力作業を削減し、手術運営への負担を最小限にします。
また、情報セキュリティの観点から、パスワードロック機能も搭載しています。

記録映像管理システムへの拡張


SURGE ONE v2(オプション)は、手頃な価格で簡単に導入可能な手術映像管理ソリューションです。
SURGE ONE v2(オプション)を使用すると、録画したすべての手術映像や静止画を自動的に院内サーバに保存し、再生、整理、編集、共有することができます。SURGE ONE v2は、手術映像の管理に特化しティアックのURシリーズ、MVシリーズ用に設計された映像管理システムです。

▼SURGE ONE v2 についてはこちらのサイト

私たちは医療機関向け映像・音響設備のシステムインテグレーターです

当社は手術室・血管造影室を中心に、これまで多くの医療機関様の映像・音響関連の設備を構築して参りました。その経験や知見を活かして、映像・音響関連のお客様のお悩みにお答えします。
また、医療商社様や医療機器メーカー様からの各種ご相談も承っております。困ったことがございましたら、気軽にお問合せください。