System Integrationで医療の発展に貢献する

医師の支援~手術室映像の利用価値を高めます

フレキシブル

医師の支援~手術室映像の利用価値を高めます

  1. 必要な映像を選択しアームモニターへ2画面・子画面表示したり、壁面の大型モニターへ集約表示したりできます。
  2. 子画面、2画面、4画面表示、映像ミュートが選択可能です。
  3. 4K対応モニターを採用していただければ、4分割したそれぞれのエリアをフルHDで高精細表示することが可能です。
  4. PACSや電子カルテのPCを複数台接続した際に、1組のマウス、キーボードのみで、それぞれの操作を集約された画面を見ながら行うことが可能です。この機能を使えば、集約した画面を自在に遠隔操作することが可能です。
  5. 今後、任意のモニターでの反転表示にも対応予定です。

ノイズレス

ノイズレス

光ファイバーによる配線のため、外部ノイズ(電メスなど)の影響を受けず、安心してモニタリングできます。

セカンドユーズ

セカンドユーズ

  1. サーバーシステムを追加することで、録画映像を編集し記録することにより、学会/教育用途での有効活用や、症例の研究・検証、医療の透明化への寄与が可能です。
  2. 従来の映像よりも鮮明な4K映像へのアップグレードに対応していますので、今後レコーダーも4K対応のものを採用するなど、映像の活用シーンが広がります。

研修医・看護師などの指導

研修医・看護師などの指導

手術室内での指導に

  1. 術中の映像を活用し、手術室壁面の大型モニターへ指導に必要な映像を表示するなどして活用。
  2. ひとつのモニターへ必要な映像の集約ができるので、施術の進行と患者さんの状況をリンクして学習することができます。

カンファレンス・ルームからのモニタリング

カンファレンス・ルームからのモニタリング

  1. カンファレンスルームから術中映像をモニタリングし、適切なタイミングで指導・支援を行うことができます。
  2. 休憩室を取りながら、リラックスしてモニタリングするのも効果的です。

記録映像を用いた指導

術場記録映像を用いた指導

術場映像記録を用いた指導

術場映像の記録により、各手術室の医療スタッフの動き、施術が一覧でき、術後の指導に活用することが可能です。パン・チルト・ズームが可能なカメラを用いることで、全景だけでなく、手元をズームアップした形で記録することも可能です。

資料請求はこちら TEL 03-5730-3880 受付時間 10:00-18:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP

Copyright 2018 Denon Engineering Corporation. All Rights Reserved.

;