超高精細な4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ

カリーナシステムは、4K/59.94p、4K/29.97pの入力に対応し、リアルタイムにHEVC(H.265)に変換するエンコーダユニット「NEB-4K」を発売しました。医療機関で、HEVCの高い圧縮率を活かした超高精細な4K映像のファイル保存とネットワーク配信を実現します。
力された4K(3840×2160)映像は、次世代の動画圧縮技術 HEVC(H.265)形式にリアルタイムにエンコードし、本体に接続したUSB-HDDまたはNASに、4K映像ファイルとして保存(M2TS/MP4)します。
従来のH.264を超える高圧縮技術により、容量を抑えながら、4K映像の長時間収録を実現します。SDI信号に重畳されたエンベデッドオーディオは、MPEG2 AACにエンコードされます。

4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ

4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ


カリーナシステム 4K HEVC(H.265)対応ハードウェアエンコーダ NEB-4K
製品の詳細・購入・施工については弊社担当営業までお問い合わせください。