TEACから動画・静止画・情報が登録・共有できる内視鏡イメージレコーダー『MV-1』

ティアック(株)が新機能を搭載した内視鏡イメージレコーダー『MV-1』を2019年3月に発売します。
TEAC MV1/MV1D
本体に5インチのタッチスクリーンを搭載しており、検査中の操作性を向上させています。記録解像度は1080p/60fpsのFull HDで、ESD等内視鏡検査の動画記録を行うことができます。
また、MV-1単体での操作以外にもネットワーク機能を活用することで、院内の画像共有を簡易的におこなうだけでなく、院内PC上の画像ファイリングソフトと連携し、記録した画像を迅速にファイリングソフトに取り込み、用途に応じた表示形式を選択することができます。